副業

動画編集をはじめるならどの編集ソフトを選ぶべき?

  • 副業で動画編集を始めたい
  • 編集ソフトが色々あって選べない

確かに世の中には無料のものから有料のものまで、色々な動画編集ソフトがあります。

どれを使えばいいのか分からないですよね。

結論から言うと「Adobe Premiere Pro」を選べば間違いないです。

その理由をご説明しますね。

Adobe Premiere Pro(アドビプレミアプロ)のメリット・デメリット

メリット

一番のメリットは世の中で一番普及しているソフトだということです。

なぜそれがメリットになるのかというと以下のようなことが挙げられます。

  • 無料のチュートリアル(ブログ・YouTube)が多い
  • 関連書籍が多い
  • 仕事で使いやすい

初心者でも覚えやすく、かつ仕事を取りやすい編集ソフトと言えます。

もちろんデメリットもあります。

デメリット

  • 買い切りではないので継続的に費用がかかる
  • 簡易的な編集ソフトよりは操作が複雑

長期的に仕事で使っていくなら非常に頼もしい相棒となるでしょう。

プランの選び方

AdobeのソフトはCreative Cloudの各種プランから選んで購入をします。

Premiere Proを買う場合は2つのプランから選ぶことになります。

  • Premiere Pro単体プラン
  • Creative Cloudコンプリートプラン

それぞれどのようなプランか見てみます。

Premiere Pro単体プラン

Premiere Proのみを購入するプランです。

2021年10月現在の値段は月額1,848円。

とにかくコストを抑えたいという方向けのプランです。

Creative Cloudコンプリートプラン

Adobeの提供するソフトをすべて使うことが出来るプランです。

2021年10月現在の値段は月額3,960円。

3種類以上のソフトを使いたい場合はこちらがお得です。

個人的にはこちらのCreative Cloudコンプリートプランがおすすめです。

その理由は以下の通りです。

Creative Cloudコンプリートプランをおすすめする理由

After Effectsが使える

アニメーションが作れるAfter Effectsというソフト。

目を引く動きのある映像を作れるので、編集のクオリティをグッと上げることができます。

こちらも使用者の多いソフトなので、使い方はネットで検索すればいくらでも出てきます。

動画編集と並行して勉強することで仕事の幅が広がりますよ。

Photoshopが使える

YouTubeのサムネイル作成に使われることの多いPhotoshop。

動画に差し込む画像を修正したり、装飾の凝ったテロップを作ったりもできます。

使いこなすことで、動画編集だけでなく画像加工も請け負うことが可能になります。

クラウドストレージやフォントが使える

100Gのクラウドストレージと多種多様なフォントがおまけでついてきます。

YouTube用に編集ソフトを考えている方には、フォントが使えるのは嬉しいのではないでしょうか。

地味にクオリティにつながる部分です。

まとめ:用途に合わせて選びましょう

Creative Cloudコンプリートプランを使えば幅広い仕事に対応できるソフトを手に入れることができます。

とはいえ、いきなりすべてのソフトが使えるようになるか心配でもあると思います。

各ソフトは無料のお試し期間があるので実際に触ってみてください。

その上でどのプランがご自身にあっているのか判断してみてください。

-副業
-,

© 2022 副業パパ Powered by AFFINGER5